スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンビバレンス

風邪がだいぶ良くなってきました!でもまだ若干のどが痛いのと頭痛いのと鼻水が出ますね。


スモーカーの人はわかるかも知れませんが、風邪のとき煙草吸うか迷いません??

煙吸うとのど痛いんだけど体はニコチンを欲してる。。。

吸いたい。でものど痛い。でも吸いたい。でものどがあぁぁぁ!!


そんな葛藤を抱えながら、さっきトローチ舐めながら煙草を吸っていた川端です。

どっちかにしろよって話ですよねww





最近、自分の頭の悪さに悩んでいます。


考えて考えて、死ぬほど考えなきゃいけないのに、どこか自分で終着点を無理やり見つけて思考停止してしまう。


世の中には頭いい人がたくさんいる。


その人たちと渡り合うために、毎回100パーセント思考しきって、絶対値を広げていかなきゃいけないのに・・


それがわかっているのに、忙しさや余裕のなさにこじつけて思考をやめてしまっている自分の弱さにがっかりです。



んー、もっともっと考えなくては!!!!

スポンサーサイト

「情報は一冊のノートにまとめなさい」★3

川端、完全に風邪をひきました・・・
鼻水と頭痛とのど痛いぐらいでなんとか大丈夫ですが、久しぶりに引いたもんでしんどいですね~~

のど痛いと、この時期乾燥したところだったり人ごみのなかにいると辛いですよね。。
それで、今日久しぶりにマスクしたんです。あの立体裁断的なやつ。

顔マスク+真っ黒なロングコート+寝不足で憔悴しきった目+風邪でふらふらな体・・・・

どう見ても変質者ですw本当に(ry
友達にお前中大で事件起こしてきたでしょ??って言われました
(中大の事件



なんかしばらく更新してないと思ったら、何気に一週間もブログ書いてなかったんですね・・

気を取り直して、今日は久しぶりにブックレビューいきたいと思います!!




■ばた本 「情報は一冊のノートにまとめなさい」 奥野宣之■
評価★★★☆☆

雑誌やフリーペーパーのライターをしていた著者が、そのときの経験を生かして編み出した、効率的な情報管理術をまとめた本です。
結構売れたらしくて、現在「本は一冊のノートにまとめなさい」という続編も出ていますね。


「すべての情報を一冊の100円ノートにすべてまとめる」という発想はすごくシンプルで面白いです!
川端はコレクター気質というか、なんでもいろいろ揃えようとしてバラバラになってしまうので、かなり斬新な発想でした笑
たしかに、一冊のノートにまとめること自体不可能ではないし、一冊のサイズで収まればかなりメリットがありますね。

しかし、この本のメソッドはかなり面倒だなと、正直思いました。
予定表やら、その他ポケット(普通の手帳についている、何かをはさめるもの)を自作して毎回そのノートに貼り付けるのは、なかなか時間がかかります。
多少一冊のノートで時間管理もやってみたのですが、僕としては気になったものや考えたことのメモ的な「ネタ帳」と、時間管理の「手帳」は分けたほうが効率がいいと思います。
著者も「自己流にアレンジしたほうがいい」と書いているので、自分なりに都合のいいようにそれぞれのノウハウを組み合わせていくのが一番いいでしょうね。

この本のメインはそのノート作りにあるのですが、川端はそうではなく、そのノート術の後ろのほうに書かれている「メモをどのように生かすか」というところがこの本の一番いいところだと思います。

一番良かった箇所は、
「インプット→アイデア→アウトプット」
というフレームワークです。
たとえば、旅行記をブログの記事にしようと思ったら、その旅行であったことをインプットとして、アウトプットしますね。
しかし、ただ現地で起きたことをつらつらと書き連ねてもあまり面白みがないので、そこに「その国の食事」とか「音楽」とかといったある項目を設定して書くと、かなり面白さが上がります。それがアイデアといわれるものです。
つまり、良いアウトプットをするためには、インプットという素材を、アイデアという切り口で料理してあげないといけないわけです。

これにはなかなか感心しました。ごく当たり前のことなんですが、それをちゃんと意識して使えればかなりアウトプットの組み立てがうまくなるんじゃないでしょうか。
僕はこれに加えて、「インプット→アイデア→スキル→アウトプット」だと思います。
スキルっていうのは、書く能力だったり、ウェブ構築だったり、表現をする手段ですね。
かなりこの考え方、自分のなかで軸としてしみこみました。

後半の方の「アイデア」についてはとても良かったのですが、ノート術がいかんせんまねできない感じだったので★3で!

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)/奥野 宣之
¥1,365
Amazon.co.jp



有朋自遠方来、不亦楽乎。

昨日は成人式でした!

区の本式→高校の同窓会な感じで行ったんですがみんな意外と変わってないな~


ひとつびっくりしたのが、小学校の時にソフトボールやっててすごく運動神経よかった子が、

なんと西武ライオンズの二軍になったらしい!!

結構注目されてる選手らしくて、身内としてかなり誇らしい気がしました。


しかし、それを全然知らなかった自分は、彼に久しぶりに会うなり


「おお~!久し振り!!!おまえめっちゃガタイ良くなったな~!」


と言ってしまいましたw

ぷ、プロになんてことをwwくそ恥ずかしかったですw



でもとにかく、無事に成人を迎えることができたことに感謝ですね。

家族や友達、先輩後輩に感謝です!






明日は・・

こんばんわ~

初めて二日連続の更新です!

いや~がんばりますよ♪


実は明日自分は成人式なんですね。

確実に川端ベロンベロンになると思うので、今日書かないと確実に3日以上空くはめになるので書きましたw


正直まだあまり実感というか、もう実際去年成人になっているから感慨は特にないんですね~

今までこの時期成人式があると、

「うわぁ雪なのに振袖とかまじかわいそうだわー」

「3連休マジいいわぁー」

ぐらいにしか思っていませんでしたw


でも明日高校の友達やら小学校の友達と久しぶりに会えるのは楽しみです♪





川端的に、成人になるにあたって書こうと思うことは、もっと成人は政治の勉強をするべきなんじゃないかなーと思います。


これは去年ベトナム行ったときにすごく痛感したことなんですが、日本人の政治への興味は実に薄く、この事実は本当に日本を滅亡させかねないです。

ベトナムにはたくさんのバックパッカーがいて、さまざまな国の観光客がいます。

日本人もいるし、アメリカ、ヨーロッパ、はたまた近くの東南アジアの国からの人など、石を投げたらどこの世界の人間にも当たる感じです。


そんな環境なので、国籍関係なくいろいろな人と話すし話かけられます。

その時、

まず「お前はどこからきた?」みたいな会話から始まって、

「その国知ってる!!○○で有名でしょ??さすが俺物知り!」へと会話が続きますw


ここまでは結構日本でも地元と都会人が話すときの会話とそう変わりません。

そうして30分も話していると、日本と確実に出ない話題があります。

それが政治です。


だんだんうちとけてきたかな?と思うと

「このベトナムは社会主義でナントカナントカだ!

 うちの国は今こういう政策をとってて、首相はこんなやつだ。

 それと比べるとあれであれだ。

 で、お前のところはどうだ?」

こんなで、実に詳しく自分の国の政治について語ってくれます。

そういう話をしてくれるのは、どちらかといえばおっさんが多いですが、若者もしてきます。

日本がいかに意識低いのかと打ちのめされました。自分も含めてですが。。



政治についてちゃんと知らないということは、自分がどのように管理されているのか知らないと一緒ですね。

自分の国について知らないということは、自分の国がどうかなることに対して執着しないことでもあるし、もはや自分の国の状況がわからないと同じです。。


実際問題、日本が将来中国の属国になるのも決して冗談とは言えないのは知っていますか??

民主党がものすごく怖い政党だということも知らない人がものすごく多いと思います。


上の話がもし気になったら「国籍法改正案」とか「民主党の正体」でググるとたくさん出てきます。



プロットも書かずだらだらと読みにくい文章ですみません汗



こういうところからでもいいから、ぜひ若い人に政治に興味を持ってほしいなと思います

これから日本を創っていくのはちょうど自分たちですからね!


未来は僕らの手の中!

2009年きたー!

とうとう年が明けました!明けましておめでとうございます。

このブログを見ていただいてる数少ない皆様、どうぞ今年もよろしくお願いいたします!

2009年は本当にブログ書きまくろうと思います!
去年も同じようなこと言ってたのは気のせいです!

そのうち慶応で一番のブログになれるまで書き続けます♪
だいぶ大きく出てしまいましたが、今年は有言実行でいきますw


さてさて、正月あけてから皆さんのmixi日記やブログを見ていると、今年の抱負を書いている方が多いですね。
ちゃんと考えられて宣言しいている日記を読むとこっちもモチベーション上がってきます!


川端は正月元旦から地元のマックに引きこもって、3時間ぐらい今年の抱負について考えてました。
スウェット上下で気合入れてパソコン打ってる若者の姿は、かなり異様だったと思いますw
あ、完全に余談なんですけど、皆さんマックってコーヒーお代わり自由って知ってました??
普通にSサイズのホットコーヒー頼んで、飲み干したらカウンターまで持ってくとおかわり入れてくれます!
まったくメニューとかに書かれてないんで、知ってる人あんまりいないんじゃないですかね?!
120円でコーヒー飲み放題とかコストパフォーマンス良すぎです。。



まあマックコーヒーの話はその辺にして、今年の抱負について書きたいと思います。

今年のテーマは、
「自分崖落とし力」
です!

去年読んだ本の中で一番良かった本が、岡本太郎さんの「自分の中に毒を持て」という本でした。
この本の中で、僕がものすごく感銘を受けた箇所があります。

「ほんとうに生きるということは、
 自分で自分を崖から突き落とし、
 自分自身と闘って、
 運命をきりひらいていくことなんだ」

ものすごくクサイ台詞ですが、僕自身今まで考えていたことをすごくシンプルに著してくれたと思っています。
あーよく言ってくれた!みたいな感じですw

今までの人生を振り返って見ると、必要なファクターはまさにこの言葉でした。
自分が今まで人生でものすごくがんばってきたと言い張れるもの、勉強・大学受験・営業。。。
どれも極限まで努力して、自分を崖から突き落とすかのような追い込みをしてはじめて、良い結果が生まれていました。
自分にとって辛い選択をした時こそ、結果的に良い結果を得れると思います。
ただ、それを実現するのはすごく難しい。失敗するのは怖いし、環境を追い込むのはなかなかできることではありません。
そこで自分を鬼ににして、あえて自分をかわいがらない強靭な心を持って生きたいです。

今年は、この「自分を崖に落とす力」を付けていきたい!
すべてにおいてストイックに努力し、それを継続し続けていきます!

この岡本太郎さんの本、そのうちレビュー書きますが、とてもいい本なので是非読んで見てください♪
読んだ後最強になれる本です!



そしてもうひとつ。
テーマと別に今年の目標!

「スペシャルゼネラリストになる!」

これは学生生活全体の目標かもしれません。
一般的に、「自分の中に強みを持て」じゃないですが何かしらスペシャリストになれ!ということはよく聞きます。
グローバル化や不況のこの世の中、会社のブランド力なんかより個人のスキルが重視されて久しいです。
たしかに、たとえばズバ抜けてwebクリエイトの技術があったら、食うに困らないとは思います。

しかし、それは学生の自分に就活までにスペシャルな部門を作れるのか??という疑問にぶち当たりました。
ビジネスの領域において「スペシャリスト」と認められるほどになるには、やはり実践で第一線として働かない限りは不可能だと思います。

そこで自分に今なにができるのか??

それは、幅広いインプットだと思います。

ウェブ2.0といわれるこの社会、今後伸びていく企業はすべからくその潮流に乗れる企業だと思います。
その社会において、プロジェクトごとにまったく知らないバックグラウンドの人間とわたりあっていく必要があるのは想像に難くありません。
社内と得意先のみというドメスティックな関係だけじゃなく、さらに広い人間とかかわる必要があると思います。
社会人になったことない学生が生言うなと言われるかもしれませんが、自分の目指す社会人像はワールドワイドな人間なんです。

そこで必要になってくる人物像が、「逆T字」の人間だと思います。
狭く深いスペシャルな分野も持ちつつ、広い幅もある人間。
「スペシャリストかつゼネラリスト」、そんな感じです。

今自分にできるのは、「幅」を作るインプット。
本を読むだけじゃなくて、実地での経験をこの一年で増やしたいと思います。
やるならただの「ゼネラリスト」ではなく「スペシャルゼネラリスト」になってやりたいです。
そんな思いでこの目標にしました。


具体的にどのような分野を広げたいかというと、
・言語(トーイック800点、漢検2級目標)
・IT
 (ウェブ作成スキル、XHTMLからJAVAは使えるようになる)
 (タイピング、ワード、エクセル)
・経済
 (ミクロ経済はちゃんと理解しておく。時事ニュースが理解できるほどの基礎は付ける)
 (アメリカとインドの経済)
・金融
 (せっかく親が証券なので株・投資信託は理解する)
・政治
 (日本の政治の仕組みはちゃんと把握する)
・マーケティング
・小説、映画
・文章を書く力
 
このような分野でしょうか。
大雑把に書きましたが、今後さらにつめていくつもりです。
しかしながら、自分で決めたことに縛られず、なんにでも興味を持って生活していこうと思います。


以上のような感じで、「自分崖落とし力」と「スペシャルゼネラリスト」をキーワードに今年はいこうと思います!

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございます。
毎回なんかえらそうに書いてしまうのは僕の悪い癖です。
今年は気をつけようと思いますw


ではでは、今年がどうか皆さんにとっていい年になりますように♪

プロフィール

ばたくん

Author:ばたくん
さまざまな学生団体やらインターンを経験した後、無情にも勉強をすべきという結論に至ったKO生。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

書評 TOEIC 英語 レビュー★3 留年 政治 TOEFL 麻生さん 借金しよう アメブロ サイト移転 わくわく 金融 アメリカ人 レビュー★5 ロスチャイルド レビュー★4 六本木 パワースポット WBC モチベーション 100円ノートは偉大 オカルト タバコはやめたい でもやめられない ノート術 NHK 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書カレンダー
Powered By 読書カレンダー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。