スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新装開店!!

今日からこっちでブログ始めます!

今までは同名のアメブロの方にやっていたのですが、アメブロよりfc2の方が自由度が高いのでこっちに移転しました♪このサイトの初期設定するのにめちゃめちゃ時間かかりましたww

しかしfc2はものすごくサービス充実していますね!
プラグインの多さや操作性の良さが半端ではないです!

アメブロのログはまだ残してあり、まだ完全に移行してはいないのでちょっとでも興味もっていただけたら旧アメブロサイトの方も覗いてみてください♪
スポンサーサイト

勝手に知りたいこと集めてくれるサイト 「Rarami」

この前ネットで面白いサイト見つけました!と言っても知り合いの方のブログからですが汗

その名も「ららみ」!
ららみhttp://rarami.com/

いやー非常にヤル気あるのかないのか疑わしいサイト名ですw
しかし、実際はかなり役に立つのではないでしょうか??

どういうサイトかと言いますと、自分の気になるキーワード(「英語 勉強法」とか「就職 ラブホ」とか)を指定して放置しておくと、勝手にこのサイトがそれに関連する記事を収集してくれるサイトです。
しかも、集めてくれた記事を評価する(ニーズに合致したものかどうか)ことで、だんだんとこのシステムも頭良くなっていくようです!!なんて賢い!

川端も一昨日ぐらいから使ってますが、結構いいサイトを釣り上げてきてくれました。
自分が別のことをしている間に、勝手にgoogleから調べものしてくれるイメージですね。
もしかしたら、学校の課題など調べものをしたいときに、あらかじめキーワード入れておけばかなりスムーズかもしれませんね!


最近webサイトをいろいろと構築していく作業のなかで気がついたのは、本当に今は情報社会なんだな~と思いました。
今まで、というか自分らの生まれた世代が物心ついたときぐらいから、この世は情報社会ですよーというのは言われてきたことですが、それが実感として頭の中にしみこんできました。

googleでキーワードさえ入れてしまえば瞬時に何百万件ものサイトが表示され、日に何千何万ものサイトが産声を上げています。
もちろん玉石混合ではありますが、中には最先端の技術を駆使した革命的なサービスがあるでしょう。

それが日常化した世界で、インターネットをただ単にニコニコ動画見たりyoutube見たり、mixiやったりゲームしたりで済ませてしまうのは勿体ないとしか言いようがありません。

自分に有益なサイトを見つけるのはとても大事ですが、さらに大事なのはそのサイトを見つける手段です。
「ららみ」やRSSをはじめとした、自分の知りたい情報にアンテナを張って効率的な情報収集することが今の時代生き残るすべなのではないでしょうか?



このIT仕事術シリーズはちょっと連載しちゃおうかなと思いますw
次は基本のgoogleについて書こうかなと思います!いやーgoogle今半端ない便利ですよ~

ではでは!

麻生さんの支持率=理想的な体脂肪率

ちょっと久し振りですね~ブログ書くの!
世の中の大学生は春休み真っ盛りですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか??

川端は最近新しいバイトを始めました!
六本木のバーで働きます。ギロッポンヒルズの5階にあるシャレオツなバーなので、六本木にいらしたときはぜひ寄ってってください。
しかし面接のとき、今まで自分はかなり飲食業(ファーストフードか居酒屋、カラオケなど)を経験してて自信満々で行ったのですが、「うちは本格的にサービス行なうから、それはあんま役に立たないかもね」とバッサリ言われましたw
これは落ちるフラグ・・・!と思ったんですがなんとか面接大丈夫でした!


最近気になること。
麻生さんの支持率がウナギ下がりですね。
現在麻生内閣支持率が11%という調査と、9.7%という調査が報道されています。
(11%→http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=02
(9.7%→http://www.ntv.co.jp/yoron/200902/soku-index.htm)

10%前後って・・それはやばいでしょ!!支持率低いよ何やってんの!
10%ぐらいって体脂肪で言ったらとてもいい感じのパーセントですねw結構運動やって引き締まってる的なw
ちなみに麻生さんと川端は誕生日が一緒なため、なぜか他人事ではない気が勝手にしていますw

確かに麻生さんは少し頼りないところはありますね。
漢字が読めない、あまり政策に対して理解してないのではないか?と思われるような言動など・・

しかし、確実なのはマスコミが誇張報道で故意に麻生さんをこきおろそうとしていること。
最近たまにyoutubeなどで昼間の国会中継(ニュースで編集される前の生の国会中継)を見るのですが、どう考えても野党の方がひどいです。特に民主党。
日本を良くするにはどうすればよいかという建設的な議論ではなく、自民党をこきおろすためにいちゃもんつけ放題の国会です。自民党サンドバッグ状態。
大丈夫か日本・・

昨日小沢代表がニュースで、オバマ大統領に大統領就任後初の会見に麻生首相が招かれたことに対して
「こんな国民に支持されてない首相が国の代表として行くのは、あまり意味ないんじゃない?
 オバマ大統領も、もうすぐ解散する相手と外交を行ってもやりづらいでしょうなぁ・・ワロスwwww」
という趣旨の発言をしていました。
いやいや・・それはあなたたちが知られてないから言えるんですよ、と。


いやぁ・・政治家になりたい。





ところで、今度このアメブロをFC2の方に引っ越そうかと思います。
アメブロとても親切で使いやすいんですが、FC2の方がカスタマイズしやすいので・・ブログを本気でやろうと移転しようと思っています。
また移転しましたらお知らせいたしますので、ぜひ移転してからもご覧いただけると嬉しいです!



テーマ : 仕事
ジャンル : 就職・お仕事

就活のための英語

今日は英語について書こうかなと思います。

今自分はTOEFLの勉強をしてます。受験時代からまったく手を付けていなかったため、ものすごく手こずっていますが・・笑
受験時代は単語集3冊、イディオム2冊を完璧にして、身を削る思いで暗記したのに全然覚えていないのはものすごく悲しいです。
ちなみに川端は受験時代「ターゲット1900」「単語王」「速読英単語」をやりました。
ターゲットはなんも面白みがない構成でただの単語の羅列だったので、単語のイメージから絵を描いたりフリーダムな使い方をしてました。そしてマーカーの引きすぎで、色がうんこ色でしたw


まあそれはさておきw今就活では英語が重視される傾向にありますね。
外資以外でもTOEICの点数で評価が上がったり、最低基準点を設けてるところが多いようです。
志望企業によって、また業種によって必要かどうかは変わってきますが、一部上場企業などを目指すようでしたら英語が必須条件です。

それではでは、学生が就活に向けてどのように英語を身につければいいのか?
自分なりに考えたことを書いていきます。

英語に限った事ではなく勉強においては、何よりも自分の状況と合った勉強プランを立てることが大切だと思います。
就活まであと何年あるのか、現在今英語がどれくらいのレベルなのかによって戦略的に勉強していくべきです。

まず、帰国子女の場合。
帰国子女のメリットは、日常会話が出来る・英語を話すことに対して抵抗がないことだと思います。
元からある英語力をキープする努力と、+アルファでビジネス関連の語彙を増やすことで相当アドバンテージを手に入れることが出来ると思います。極端な例で言えば、クラブで毎日外人とビジネスの話して少しビジネス英語を覚えればかなりのものになるでしょう。
いやぁ、帰国子女ずるいw

では、帰国ではない人はどうするのか。
まず出てくるのは留学だと思います。
留学には殆んどTOEFLのスコアが必要なのでまずはTOEFLのスコア作りですが、それよりも留学先の学校選びのほうが大事です。
現地の大学によってだいぶカリキュラムも環境も異なります。
オックスフォードなど名門校などはカリキュラムも充実し意識の高いメンバーも多く最高の環境だと思いますが、カリキュラムもあまり良くないし日本人が多すぎて英語が定着しづらい環境の学校も多くあるようです。
また、大学によって校風が大きく変わってきます。
理系の強い学校や起業家の多い学校など、日本と同じように学校の特色があるようですね。
スタンフォードなどは環境もよく、起業志望の人が多いようです。
留学できるところだからという理由だけでその大学に行く前に、その大学についてよく知る必要がありますね。
この辺に関しては、学校の語学の先生に聞いてみるとすごく詳しく教えてくれるので、それを利用するといいと思います。

しかし経済的理由や時間的制約から留学にいけない人が実際多いと思います。川端もそうです。。
ではその人たちが考えられる方法としては、
1、地道にTOEIC・TOEFLの勉強をする
2、英会話教室などの教育サービスを受ける
3、英語を使う環境でバイトする
が挙げられます。

まず1について。
就活に直結する英語の勉強ですので、これはやって損はないでしょう。
この二つの試験の違いは、国内向けか海外向けかという点でしょう。
TOEICは海外での認知度が低く軽視されがちですが、日本ではとてもポピュラーです。先ほど述べたように、TOEICが日本企業では評価対象になることが多いです。
TOEFLは、海外で広く知られており留学の際には必ず必要です。その反面、TOEFLより日本の企業では重視されないようです。
レベル的には、TOEFLのほうが難しいですね。TOEICがリーディング・リスニングのみに対して、トーフルは+ライティングとスピーキングがあります。総合的な力を見られるようですね。

就活に向けては、とにかくTOEICのスコアを取ればよいでしょう。
一般企業では600点、一流企業・一般の海外部門では860点が目標といわれています。

ちなみに川端は、まずTOEFLをやって全体的な語学力を上げてからTOEICを取ろうと思っています。強い敵から倒していく方式です。
この二つの勉強には、さまざまな本が出ていますので、それを参照するといいと思います。中には受験英語からのトーフルみたいなジャストな教材もあります。
この辺の勉強方法は、またの機会に詳しくやりたいと思います。


2番目、英会話教室について。
去年ノバが経営破たんしてから、かなり評判の悪い業界です。余談ではありますが、川端は高校生のとき某G社でポスター貼りのバイトをしていました。そこで社員の方と仲良くなったのですが、実際の内情はかなりずさんでしたw
まあそれは置いておいて、英会話を取得するに当たって留学と英会話教室以外の方法はなかなか難しいとは思います。
本当に英会話教室に行けば英語が話せるかはかなり疑問ですがw
そこで、僕がお薦めしたいのは各大学の語学教育支援プログラムです。
受講料も安く、しかも大学教授または講師がちゃんと教えてくれます。
大学の英語の授業と違い、本気で語学を勉強したい人たちが集まるので、とても効率が良いと思います。

特に慶應では「慶應外国語学校」というのがあります。(参照http://www.fls.keio.ac.jp/)
塾生は半年で5万円、その他の大学生または社会人は8万円という破格の授業料で、慶應の教授の授業が受けられます。
英文法や英会話のコースもありますし、ビジネスイングリッシュに特化したコースもあります。
昨年ビジネスイングリッシュコースを受講していた友人の話では、受講生の中にはマーチの大学生から超一流企業の社会人もいたようです。
川端もこの春からこのビジネスイングリッシュコースを取ろうと思っています。良かったらどなたか一緒にとりませんか??wちなみに申し込みは来月上旬までなので、お早めに申しこまれることをお薦めします。



3つめ、英語を使ったバイトについて。
これはむしろ英語力の維持に使えるのではないでしょうか?
ホテルや飲食などの外人客も来るとこと、またガイドさんなど外人をターゲットにしたところで働けば、語学力も磨けてお金も入るといういいことづくめですw
特に港区のバー、クラブにはめちゃめちゃ外人がいます(しかもアッパークラス)



就活英語を身につけるための方法は以上のような感じだと思います。
本当に使える英語かどうかという点とさらに具体的な勉強方法は、今回省いて書いてみました。
この二つについては、今後さらに調べて記事を書きたいと思います。

ではでは、良い夜を!♪

「星の王子様」★5

本日2冊目のレビューです!

以前からいつか読みたいなーと思いつつ、彼女のお薦めもあり「星の王子様」を読みました♪
ロスチャイルドの後にすごく爽やかなチョイスですw

この本、やはり名作というだけあって本当に良書です。

すべて感覚で物事を捉える純粋な王子様が、自然や大人たちを見て感じることは現代の人間が忘れているものすべてを代弁してくれていると思います。
語り口も、実に想像力をかき立ててくれる様子で、読んだ後になんともいえない幸福感に包まれます。

この本の大きなテーマである「一番大切なものは、目に見えない」。
これは、いつでも自分たちが忘れてはいけないことなのではないかと思います。

現在川端も「仕事」についてよく考えていますが、
それを達成したときに得られる「お金」という目に見える結果は本当に大事なことではなくて、
それよりも人に感謝されることだったり、仕事を通して得た人間関係、一緒に仕事をやり遂げたという目に見えない事の方が本当に大事だと気づかされました。

一度読んでみることを強くおすすめします♪

星の王子さま (新潮文庫)/サン=テグジュペリ
¥500
Amazon.co.jp


「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」★3

去年の暮れに購入し、今日読み終わりました。
2008年度に結構売れた本らしくて平積みされてたのを覚えてます。

みなさんロスチャイルド家ってご存知ですか??
知ってる人は知っている、知らない人はまったく知らない人物だと思います。

そのロスチャイルド家が現在の経済・政治を世界レベルで支配している、ということを書いた本です。

フリーメイソン、イルミナティー、クークラックスクラン、アメリカの一ドル札に書かれた暗号・・
よく世界の謎として取り上げられるキーワードですが、この若干オカルトじみてる分野すべてこのロスチャイルド家が絡んでいるらしいです。

彼らはすべて彼らの計画通りに世界を動かしており、その計画書を見る限りそのとおりにいっているようです。
世界大戦からなんで日本のテレビはお笑いだけやっているのかまで、説明できてしまっています。

「世界の裏」といった言葉に惹かれる人は、一度知っておくのがいいのではないでしょうか。

この作者は「反ロスチャイルド同盟」というサイトを運営しており、この本に書かれている内容とほぼ同じ内容がネット上で読めます。

確かに知っておいて損はない話ではありますが、あまり考えすぎると自分がロスチャイルドの手のひらで転がされてるに過ぎない感に苛まれて何もする気がおきなくなりますw
あまり普段の思考に入れない方が、良い人生を送れるのではないかという分野なので、☆3つですw

この本の作者が消されないか心配でしょうがないですw


金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)/安部 芳裕
¥680
Amazon.co.jp


ローマは一日にしてなんとやら

お久しぶりです!久しぶりのブログ更新です~

いや、決してサボってたわけじゃないですw

ついこの前ようやく学校のテストが終わったんです。。

留年のかかった、人生を大きく左右するといっても過言ではないビッグイベントが終了したわけです。
現在川端は大学二年生なんですが、進級できれば今年3年生なんですね。

3年生といえば就活。
最近内定取り消しだとか世界不況だとかで就活生には心の臓をえぐられるようなニュースであふれかえっています。

このまま今年就活を迎えるとなるとどういう対策をすべきか??
もし残念ながらコンティニューto2年生のとき今年一年をどう過ごすか??

そんな人生の大きな分岐点をこのテストで向かえてしまったわけですw
いやー実際勉強はものすごくがんばりました!
受験以来初めてこんなに真剣にペンを握り机に向かったと思います。


今回のテストで、久々に勉強に触れたことで、いろいろ考えさせられることがたくさんありました。

やはり、勉強って短期間集中的にやって、ブレークスルーするポイントまで詰め込まないとまったく意味を成さないですね。

ブレークスルーポイントとは、よく「勉強術」系の本で書いてある、ある一定量以上勉強するとその分野に対して体系的に理解できるポイントのことです。
本田さんの「レバレッジ勉強法」には「レバレッジポイント」として紹介されていますね。

学問の中でも経済とか数学とかは、そのブレークスルーポイントが実に高いと思います。
授業+独習で問題演習や読書しないと絶対に到達できない領域ではないかと実感しました。

日本の大学生すべてがとは言いませんが、本当に大学生は勉強してないです。
僕もその一員です・・w
しかし授業に出なくとも、自分自身で勉強を進めて何かしらその分野に対して意見を持つというのが学生のあるべき本来の姿なんではないでしょうか。

今回社会学の授業でたまたま偉人マルクスについて調べたんですが、
彼の人生はまさに勉強の鬼でした。
彼の伝記を読むと、学生中でも大学卒業後でもよく「そしてマルクスは一週間の間、寝食を忘れて勉強に没頭した。」というくだりが頻繁に出てきますw
やはり偉人になるほどの人間になるためには、勉強が必要なんだなと実感します。
ちなみに、マルクスは勉強だけではなく実践の面でもすごいです。
それ以前の社会主義者を「空想的社会主義者」とただの妄想だと一蹴してますからねw

まあ、大学の勉強が社会に出てから役に立つということは、あまり耳にしませんが
「やらなきゃいけないけどそんなに面白くないことを、集中してやる」
という習慣づけを行うのに、実にいい機会だと思います。

「成功するには楽しいことだけをやれ」とよく自己啓発では書いてあります。
しかし実際そんなに楽しいことってあまりなくないですか??
もしすごく好きな分野の仕事が出来たとしても、やりたくない部類って絶対にあると思います。
たとえ僕が大好きなアパレルの仕事を出来たとしても、書類作成したり法律に縛られたりするのはすごくいやですw

その中で、「やらなきゃいけないけどめんどくさいこと」に集中してこなせる力は必要だと思います。



「ゆとり世代は我慢が出来ない」とかよく言われますけど
本気出せばいやなことも集中して出来る人間になってやりたいと思います。


プロフィール

ばたくん

Author:ばたくん
さまざまな学生団体やらインターンを経験した後、無情にも勉強をすべきという結論に至ったKO生。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

書評 TOEIC 英語 レビュー★3 留年 政治 TOEFL 麻生さん 借金しよう アメブロ サイト移転 わくわく 金融 アメリカ人 レビュー★5 ロスチャイルド レビュー★4 六本木 パワースポット WBC モチベーション 100円ノートは偉大 オカルト タバコはやめたい でもやめられない ノート術 NHK 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書カレンダー
Powered By 読書カレンダー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。