スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマは一日にしてなんとやら

お久しぶりです!久しぶりのブログ更新です~

いや、決してサボってたわけじゃないですw

ついこの前ようやく学校のテストが終わったんです。。

留年のかかった、人生を大きく左右するといっても過言ではないビッグイベントが終了したわけです。
現在川端は大学二年生なんですが、進級できれば今年3年生なんですね。

3年生といえば就活。
最近内定取り消しだとか世界不況だとかで就活生には心の臓をえぐられるようなニュースであふれかえっています。

このまま今年就活を迎えるとなるとどういう対策をすべきか??
もし残念ながらコンティニューto2年生のとき今年一年をどう過ごすか??

そんな人生の大きな分岐点をこのテストで向かえてしまったわけですw
いやー実際勉強はものすごくがんばりました!
受験以来初めてこんなに真剣にペンを握り机に向かったと思います。


今回のテストで、久々に勉強に触れたことで、いろいろ考えさせられることがたくさんありました。

やはり、勉強って短期間集中的にやって、ブレークスルーするポイントまで詰め込まないとまったく意味を成さないですね。

ブレークスルーポイントとは、よく「勉強術」系の本で書いてある、ある一定量以上勉強するとその分野に対して体系的に理解できるポイントのことです。
本田さんの「レバレッジ勉強法」には「レバレッジポイント」として紹介されていますね。

学問の中でも経済とか数学とかは、そのブレークスルーポイントが実に高いと思います。
授業+独習で問題演習や読書しないと絶対に到達できない領域ではないかと実感しました。

日本の大学生すべてがとは言いませんが、本当に大学生は勉強してないです。
僕もその一員です・・w
しかし授業に出なくとも、自分自身で勉強を進めて何かしらその分野に対して意見を持つというのが学生のあるべき本来の姿なんではないでしょうか。

今回社会学の授業でたまたま偉人マルクスについて調べたんですが、
彼の人生はまさに勉強の鬼でした。
彼の伝記を読むと、学生中でも大学卒業後でもよく「そしてマルクスは一週間の間、寝食を忘れて勉強に没頭した。」というくだりが頻繁に出てきますw
やはり偉人になるほどの人間になるためには、勉強が必要なんだなと実感します。
ちなみに、マルクスは勉強だけではなく実践の面でもすごいです。
それ以前の社会主義者を「空想的社会主義者」とただの妄想だと一蹴してますからねw

まあ、大学の勉強が社会に出てから役に立つということは、あまり耳にしませんが
「やらなきゃいけないけどそんなに面白くないことを、集中してやる」
という習慣づけを行うのに、実にいい機会だと思います。

「成功するには楽しいことだけをやれ」とよく自己啓発では書いてあります。
しかし実際そんなに楽しいことってあまりなくないですか??
もしすごく好きな分野の仕事が出来たとしても、やりたくない部類って絶対にあると思います。
たとえ僕が大好きなアパレルの仕事を出来たとしても、書類作成したり法律に縛られたりするのはすごくいやですw

その中で、「やらなきゃいけないけどめんどくさいこと」に集中してこなせる力は必要だと思います。



「ゆとり世代は我慢が出来ない」とかよく言われますけど
本気出せばいやなことも集中して出来る人間になってやりたいと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばたくん

Author:ばたくん
さまざまな学生団体やらインターンを経験した後、無情にも勉強をすべきという結論に至ったKO生。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ユーザータグ

書評 TOEIC 英語 レビュー★3 留年 政治 TOEFL 麻生さん 借金しよう アメブロ サイト移転 わくわく 金融 アメリカ人 レビュー★5 ロスチャイルド レビュー★4 六本木 パワースポット WBC モチベーション 100円ノートは偉大 オカルト タバコはやめたい でもやめられない ノート術 NHK 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書カレンダー
Powered By 読書カレンダー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。